最新の投稿

The Bachelor’s education in Communication and Media Operations (KMM) interdisciplinary blends the job areas of language and communication, design and style / visualization and IT as well as fundamentals of science and technology.

You will be interested to spell it out knowledge to be aware of? To envision challenging troubles? Build their press skills? You are right with write essays for money us if you want furthermore like t […]

コメントなし

Education for the minority:

Statistics of education for minority: The index in the degree of education inside the countries with the world (Education Index) – a composite indicator is the United Nations Development Program […]

コメントなし

Selecting Science Tasks For Your Youngster’s Job

There certainly are a wide range of distinct options which students may choose, when it comes to science fair projects. One particular idea which has become popular is Science Projets’ use. Addi […]

コメントなし

Systematic mathematics

What is mathematics Mathematics – a science that originally emerged as one of several directions from the search for truth (in Greek philosophy) in the field of spatial relations (surveying &#82 […]

コメントなし

PhD in Computer Science – What You Want to Know

The PhD in Computer Science is designed to offer pupils with knowledge and abilities in the fields of both it and also design systems for scientific business and educational associations. There are. T […]

コメントなし

What’s a customized research paper? It is an academic paper, where all of the content and information has been specially written, arranged and explained. Such papers have certain features. Some […]

コメントなし

Facts Concerning An Actuarial Science Masters Degree

An actuarial science degree has been often pursued by those that are employed in insurance and investments Individuals who would like to focus within this discipline proceed to find yourself a master& […]

コメントなし

Education and Home School Science Equipment

The process of picking your science programs can be a incredibly frustrating and long Alist of supplies would consist of many ideas, however nevertheless, it would not custom writing be complete http: […]

コメントなし

The Marvels of the Natural World: Earth Science Review Guide

Ask an astronomer what planet or superstar that he would most like to watch in the skies and you will find a reply like”Earth, it would be fine if I could see every one of the planets at the exa […]

コメントなし

Breaking the Law and the Pa

Thus, what may be the inverse square law? Very well, it’s a equation which holds true for nearly all objects It is in actuality , the basis of all physics and calculations involving almost any r […]

コメントなし

ビットコインとは

最近、新聞紙上などで仮想通貨という言葉を目にすることが増えてきました。しかし、仮想通貨とはいったいどんなものでしょうか。「仮想通貨の投資」の話も過熱状況なのですが、安心して取引できるものでしょうか?

仮想通貨の利用は、法定通貨(円、ドル、ユーロ、人民元等の実体通貨)と違い、価値を持ったデジタル情報をパソコンやスマホ、インターネットを通じて取引するイメージです。この仮想通貨の根幹となる技術が「ブロックチェーン」と呼ばれるものです。

1 仮想通貨と法定通貨の違い

仮想通貨と法定通貨の違いは、簡単にいうと中央集権的に国が発行している通貨が法定通貨で、仮想通貨は、もともと「発行者がいない」というコンセプトのもとに誕生しています。

法定通貨と仮想通貨の最も大きな違いとしては、法定通貨は紙の紙幣や硬貨をやりとりしますが、仮想通貨には実体がありません。

また、法定通貨は国の金融政策によって発行量の増減を調整しますが、仮想通貨はあらかじめ発行量が決められているものがほとんどです(イーサリアムは例外)。

ビットコインは2100万枚が上限と決まっており、マイニング(採掘)により新規発行されています。2140年ごろにすべての発行が終わる予定です。

仮想通貨は欧米、中国、東南アジアなどで普及しつつあります。国や地域だけで使われる法定通貨とは異なり、ボーダーレスな国際通貨としての機能を持っています。

また、買い物やインターネット上での決済にも使うことができます。まだ限られていますが、日本でもビットコインで買い物ができるお店が全国的に展開しつつあります。

 

2 ビットコイン以外にもいろいろある仮想通貨

仮想通貨の世界では、ビットコイン以外のすべての仮想通貨をまとめて「アルトコイン=alternative coin=ビットコインの代替コイン」と呼ばれています。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨というべきものです。最も普及しており時価総額2兆円以上といわれていますが、ほかにも多くの仮想通貨があります。2017年12月現在で、1000種類以上あると推測されます。

ビットコインからスタートし、ブロックチェーンの仕組みをベースに新たな仮想通貨が誕生していますが、現在はブロックチェーンとは異なる技術で開発された仮想通貨も数多く登場しています。

 

3 仮想通貨の代表であるビットコインには発行主体がない

従来の法定通貨は、各国の中央銀行が管理しています。日本では「日本銀行」、アメリカは「連邦準備制度理事会(FRB)」、中国は「中国人民銀行」がその役割を担っていますが、ビットコインは国家、企業や団体が発行しているわけでも管理をしているわけでもありません。

ビットコインは、ビットコインを発行するためのコンピュータのプログラムに沿って自動的に発行されています。

ビットコインの発行や取引の詳細情報は、そのすべてがコンピュータネットワーク上に分散されて保存・管理されています。

世界中のネットワーク共有者の目にさらされて、誰もが精査や監査ができることで通貨の偽造や改ざんなどを防止できます。

 

4 仮想通貨の信用性を担保するブロックチェーンとは?

ブロックチェーンという呼び名は、カネやモノの取引の履歴情報を電子的に記録しながら、そのデータをブロックとして集約、さらに連鎖(チェーン)して組成することに由来しています。

ブロックチェーンネットワークの多くはインターネットが使われています。そのため利用者は、パソコンやスマホ等を使い、ブロックチェーンネットワークにアクセスします。

「ブロックチェーン」は、インターネット上でやり取りされるビットコインをはじめとする仮想通貨の根幹をなすテクノロジーで、ビットコインの生みの親といわれる「サトシ・ナカモト」という人物によって発明された技術といわれています。名前から日本人を想起させますが、彼が日本人であるかどうかは不明です。

 

5 マイニングによる仮想通貨の新規発行

ブロックをチェーンのようにつなげる作業、つまりビットコインが新たに発行されることを「マイニング(採掘)」といい、それを行う人は「マイナー(採掘者)」と呼ばれます。

マイナーたちは、10分ごとにすべての取引データを新しいブロックにまとめて、すでにあるブロックとつなげていきますが、そのつなげる作業は簡単ではありません。ブロックを連結するためには高度な計算が必要なため、高性能のコンピュータなどの設備投資や、それを動かすための高額な電気料金というコストがかかります。

なぜマイナーたちは、高額なコストをかけてまでマイニングをするのでしょうか。

マイナーがマイニングに成功すると、その労力に対する報酬としてビットコインを受け取れるからです。これがビットコインの新規発行となります。

報酬を受け取れるのは、最初に計算を終えた人のみです。そのための報酬の獲得を目指す世界中のマイナーによってマイニング競争が行われています。

このようにマイニングに対して、新規のビットコインを付与するインセンティブが設定されることで、マイナーたちによってシステムの稼働が自律的に継続されるように設計されているのです。

つまり、ブロクチェーンの堅固なシステムはマイナーたちの熾烈な競争によって維持されていると言っても過言ではないでしょう。